ちょいヒマ

ちょいヒマな時に書いてみるブログ

2020年あけましておめでとう

2020年になりました!

 

2019年は転職だの、入院だの、休学だの、個人的には色々なことが巻き起こりました。が、新天地で新しい人と知り合ったり、勉強をたくさんする時間ができたり、ブログとか始めてみたりと、結果なんだかんだ良い年だったと思います。

 

そういえば今年還暦になる父曰く、祖父も父も自分のこの年齢の時に何かが巻き起こった年らしいので、おまえもその血を引いているんだな〜、なんて言っていました。

たまたまじゃね、と思いましたが、そんなもんかと答えておきました。

 

無事、年末年始は一時帰宅のため実家で過ごす日々。

今年もやりたいことだらけで忙しくなりそうですが、息切れしない程度に生きていきます!

難聴とのつきあい方

同居人観察その6。難聴とのつきあい方。

 

今回6回目の入院時、同居人に耳の遠い方が1人。大きな声ではっきりと言えば通じるんですが、本人が嫌がるからと補聴器もつけておらず、なかなかコミュニケーションが大変そうです。

※ 難聴と言っても症状など様々です。あくまで個人的に感じたことを延べてます!

続きを読む

抗がん剤6コース目始まる&近況

6コース目が始まりました。最初のR-CHOPを含めないと、R-EPOCHとしては5コース目です。

初めて読んで下さる方は、これらの記事に治療の詳細があるのでよろしければ…。

1コース目 R-CHOP療法 - ちょいヒマ

2コース目/3コース目 R-EPOCH療法 - ちょいヒマ

 

毎回入院初日は病院内で検査周りをしており、レギュラーメニューは、

  • 採血
  • 胸部レントゲン

たまに、

  • CT(または造影CT)

という感じ。

今回は、採血、CTと、貧血の影響が出ていないかということで、心電図もやりました。

 

貧血の種類にもよるかもしれませんが、貧血になると体に酸素を運べる量が少なくなり、酸欠状態に。それを補おうと心臓が働きまくるので、心臓が疲れやすくなるそうです。

ちなみに、最近は安静時でも脈が110とかあるので、心臓が過労気味。ただ、検査の結果は問題なしでした(平時でも100くらいで働いている心臓だからか?)

CTの方も問題なし。腫瘍は縮小傾向だそうです。

 

ところで、何コース目まで治療するのかということなのですが、通常は6コースが1つの区切りらしいです。ただ、自分の場合は始めにR-CHOPをやっているので、それを6コースの中に含めるかどうかは、最終的な検査次第。

まあ、最低でもあと1コースはあるだろうな、くらいのつもりでいます。

 

<近況>

教習所リサーチの司令 - ちょいヒマ

↑ こちらの妹様がついに自動車免許を取りましたよ〜。

そして、「病院まで送ってあげようか?」と言われたんですが、

恐怖でしかなかったので丁重にお断りしました。

クリスマスとサンニコラ

12月24日の晩は、クリスマスイブ!

 

あまりイベントごとが好きではないのですが、クリスマスイブだけは柄にもなく、子供の頃から変わらないソワソワした気分になります。

別に、デートだのクリスマスプレゼントだのがあるわけでもなく、やることと言えば家族と少しだけ豪勢な飯を食べるだけ。不思議です。

子供の頃から、感情だけ習慣化してしまったんでしょうか?パブロフの犬みたいに、クリスマスと聞けば楽しいスイッチが入ってしまうんでしょう。

続きを読む

頑張りますという言葉

個人的には、頑張ります、という言葉があまり好きじゃありません。

 

最初に断っておくと、頑張ってねって声掛けてもらえることとか、頑張りますって言っている人が嫌なわけじゃないですよ。そこには自分を応援してくれている気持ちとか、その人の気合いを入れようという気持ちがあるんだろうから、嬉しいことだと思います。

 

ただ、「頑張る」という言葉のニュアンスに違和感があるので、自分では使わないようにしています。たぶん、中学生の頃にそう決めたような記憶があるんですが、入院してから多方で言われる機会が多かったので、ふと書いてみようかなと。

続きを読む